2016/12/19(月)の釣行




|2017/3/1(日) 東港・ハッピーフィッシング 釣果なし>

<2016/12/4(日) 笹川流れ イナダ1匹,サゴシ1匹|



カテゴリーのトップに戻る


当日の情報


  • 場所

  • 東港第2東防波堤「ハッピーフィッシング」
    先端と中間の真ん中あたり
  • 天気

  • くもり
  • 潮況

  • 中潮 「中潮」 小潮
  • 水温(気象庁データ)

  • 14°~15°
  • 釣果

  • サゴシ2匹
    40cm~50cm
  • ヒットルアー

  • ・ダイソー/ジグベイト/28g/自作カラー
     青地、下半分にピンクのホロシートを貼ったもの

    ・ダイソー/ジグロック/40g/自作カラー
     シルバー地にマニキュア用ラメ追加




釣行概要


 朝6:00出発。6:45釣り開始。12月なので、スパイクブーツ着用。前日にカラーリングしたルアーを携える。

 人はまあまあの入り。先端と中間の真ん中あたりを確保。




 底まで沈め、ストップアンドゴーで狙う。

 暗いうちに、ピンクのホログラムシールを貼ったジグベイトで、サゴシを1匹上げる。このルアーは上半分が青で、下半分がピンクというかなり不自然な配色だったが、釣れて良かった。

 その後、先端ではちらほら上がっているが、私の周りは全く釣れていない。私にも掛からなくなった。




 ルアーにはマニキュアのトップコートが2回塗ってある。堤防にぶつけたりしてみるが、少し塗装が剥げたくらいで、結構丈夫。




 隣の人は、大きくしゃくるアクションを繰り返している。

 巻くスピードが遅いので、あれでは釣れないと思う。飛距離も足りない。




 なかなか釣れないので、40gの白色カラーに変え、遠くの潮目を狙う。すると、ボトム付近でヒット。これもサゴシ。




 しばらく続けるも、全然掛からないので撤収。私の周りは、誰も釣れていなかった。




 今日は、ダイソージグが普通のルアーに劣らないことを示せた釣行だった。大事なのはルアーやカラーではなく、底までしっかりルアーを沈めることと、巻く速度だと思う。

 今回のサワラは、どちらも傷を負っていた。そのせいか分からないが、2匹ともボトム付近で食ってきた。また、ストップアンドゴーの、ストップした瞬間にヒットしたのも共通点だ。




 帰りは「ざぶーん」で温泉に入って帰った。ここは750円と高いが、設備がしっかりしており、風呂の種類も多い。

 こちらの方面に来たときは、よく寄って帰る。




 釣ったサゴシは干物にした。サゴシの干物は、醤油,酒,みりんを1:1:1で混ぜたタレに切り身を漬け、一夜干しにして作った。

 水分の多い身が、干すことで引き締まり、味も凝縮される。

 干すのは1日がいい塩梅。2日では、身が固くなりすぎる。

 だが、これはこれでジャーキーのようになって、酒の肴にはよさそう。

 また、干すとき雨にあてないように注意。カビが生えやすくなる。干し終えたら、長期間食べないなら冷凍しておくと良いだろう。




 なお、翌日はサゴシとイナダがフィーバーしたらしい。悔しい。





|2017/3/1(日) 東港・ハッピーフィッシング 釣果なし>

<2016/12/4(日) 笹川流れ イナダ1匹,サゴシ1匹|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る