2016/12/4(日)の釣行




|2016/12/19(月) 東港・ハッピーフィッシング サゴシ2匹>

<2016/11/20(日) 東港・ハッピーフィッシング サゴシ2匹|



カテゴリーのトップに戻る


当日の情報


  • 場所

  • 笹川流れ
    ・野潟釣り堀跡周辺
    ・名称不明の磯
  • 天気

  • くもり
  • 潮況

  • 中潮 「中潮」 小潮
  • 水温(気象庁データ)

  • 16°~17°
  • 釣果

  • ・イナダ1匹 40cm
    ・サゴシ1匹 40cm
  • ヒットルアー

  • ダイソー/ジグロック/28g/ブルーピンク/真ん中にアワビシート貼り付け




釣行概要


 朝の3:30に出発し、シーバス狙いで笹川流れへ。5:00ごろ、野潟の釣り場跡に到着。



 着いた時は暗くて何も見えなかったので、寝っ転がって天体観察。双眼鏡で星がよく見える。

 オリオン座がきれいだ。流れ星が見えた。

 星の海と書いて星海、よくできた美しい言葉だと思う。辺り一面に星が広がっている様子を、よく表している。




 空が白み始めたので、釣り開始。買ったばかりのスパイクブーツを履き、釣り堀跡へ行く。スパイクブーツのおかげで磯の上も楽々歩ける。

 すでに先行者が何人かいた。黒鯛狙いの人が2人に、ルアーマン2人。

 私は海に向かって右側で、シンキングミノーを投げる。まったくあたらない。




 釣り場跡を離れ、付近の海岸を歩きながら投げるも、全く反応なし。磯の上をスパイクブーツで歩くのは楽しい。




 車に乗り、馬下の磯へ向かう。ここでも反応なし。波が高く、結構怖い。馬下からは、対岸の粟島がよく見える。粟島で釣りをしてみたい。




 その後、車で放浪し、良さそうな場所を発見。名前は分からないが、外洋に面した磯の上で釣りを開始(9:00)。

 周りにもシーバス狙いの人がちらほら。全く釣れないので飽きてくる。

 青物が釣れないかと思い、メタルジグを投げる。




 沖には定置網のブイが見える。かなり釣れそうな雰囲気。遠くにある岩礁の向こう、潮通しの良さそうな場所までジグを大遠投。

 ボトムまで沈め、ストップアンドゴーを繰り返す。これが大ヒット。サゴシが掛かる。




 続いて、先ほどとは違う引きの魚がかかる。かなり強い引き。ようやく近くまで寄せると、イナダの魚体が見える。

 ところが、あと少しのところでバラシてしまう。かなり悔しい。

 巻くのをストップした瞬間に逃げられた。一瞬の気のゆるみが悔やまれる。




 その後、サゴシとイナダを1匹ずつ追加。イナダは近くまで寄せてからが勝負。足元に根があり、そこに逃げ込もうとする。




 ふと見ると、前に釣ったサゴシがタイドプールの中にいない。今日は波が高く、波にさらわれたようだ。

 足元は常に波が打ち寄せている。スパイクブーツでなければどうにもならなかっただろう。時折、かなり高い波が来る。打ち寄せる波を足で受け止めながら釣りをするのは、なんだか楽しい。

 もちろん安全面には気を付けなければいけないが。




 その後、根掛かりして仕掛けが切れたのに加え、疲れたため終了。ダイソーのトップコートで処理したジグは、ヘビーユーズで少し剥げていた。




 帰りは勝木の「ゆり花会館」にある温泉でリフレッシュ。大人350円という、お手頃価格で入れる。

 竿を振り続けて疲れた体を休める。釣り後の温泉は、最高のひと時。




 帰ってから、イナダは刺身、サゴシは幽庵焼きにした。

 イナダの刺身は久しぶりに食べた。生ものが好きではない私も、美味しく食べられた。

 サゴシの幽庵焼きというのは、醤油,酒,みりんを1:1:1で混ぜたものに、柚子を細かく刻んで入れ、漬けダレを作る。その漬けダレに切り身を漬け、焼いたものである。

 柚子の香りがふっくらとした白身によく合う。切り身は半日漬けこんだが、1日から2日漬けこめば、もっとおいしかったと思う。





|2016/12/19(月) 東港・ハッピーフィッシング サゴシ2匹>

<2016/11/20(日) 東港・ハッピーフィッシング サゴシ2匹|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る