2016/11/20(日)の釣行




|2016/12/4(日) 笹川流れ イナダ1匹,サゴシ1匹>


カテゴリーのトップに戻る


当日の情報


  • 場所

  • 東港第2東防波堤「ハッピーフィッシング」
    先端と中間の真ん中
  • 天気

  • くもり
  • 潮況

  • 小潮 「小潮」 長潮
  • 水温(気象庁データ)

  • 17°~18°
  • 釣果

  • サゴシ2匹
    40cm~50cm
  • ヒットルアー

  • ダイソー/ジグロック/28g/ブルーピンク




釣行概要


 6:00にハッピーフィッシング到着。6:30開放予定だが、すでに人が並んでいる。

 先端と中間の、真ん中ぐらいを確保。右隣は親子連れ。




 釣り始めから1時間ほど経過して、隣にいた親子連れの親が、魚が来たと言っていた。しかし、私には何も見えない。

 実際に、その人がサゴシを釣り上げる。私のところにもヒット。

 中層をゆっくりめに巻いてあたった。アクションはなし。〆てストリンガーに掛け、海中に落とす。

 何投後かにまたヒット。竿の力が強すぎて引きは弱い。海面を引きずられて来る。




 それから1時間ほどして、隣の人が、今度はナブラを見つける。イナダのナブラだと言っていた。

 確かに、サゴシはもっと跳ねまわったり、乱暴なナブラだ。

 正面の遠方に来たので必死に投げるも、あたらない。隣の親子連れが、1匹ずつイナダをゲット。うらやましい。ヒットルアーは、緑色のメタルジグのように見えた。




 結局その後は何も連れず、サゴシ2匹で終わり。帰るころには、ダイソージグの塗装がほとんど剥げていた。

 右隣の人は、サゴシの到来を見つけたり、ナブラの種類を判別していた。経験値の差だろうか。私も分かるようになりたい。





|2016/12/4(日) 笹川流れ イナダ1匹,サゴシ1匹>


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る