概要




メタルジグ用のシングルアシストフックを簡単に作成する方法を紹介します。 簡単なシングルアシストフックの作り方 外掛け結びを使わず、糸の長さも調節しやすい方法です。










簡単なシングルアシストフックの作り方




一本針アシストフックの材料


材料は以下の通りです。 ・フック ・根付け糸 ・PEライン(切れ端で大丈夫です) ・瞬間接着剤 ・プライヤーかペンチ プライヤーかペンチは合わせて二本あると便利です。 根付け糸を両方から引っ張って締めるのに使います。 簡単なシングルアシストフックの作り方 根付け糸は、売られている物の中で一番細い物か、二番目に細い物で良いでしょう。 私が使っている根付け糸の太さは8号と10号です。 根付け糸はチェーン店の釣具屋には大体売っていると思います。 フックについては、マダイ用・クロダイ用・セイゴなどが良いです。 マダイ用の物は軸が太めです。 環付きの物でも大丈夫です。

根付け糸の長さを調節


まず、最初に根付け糸をちょうど良い長さに切っておきます。 アシストフックが完成すると、下の画像のような形になります。 簡単なシングルアシストフックの作り方 根付け糸を折り返した長さがアシストフックの長さとなるため、最初に根付け糸の長さを調整しておきましょう。

根付け糸にフックを刺す


根付け糸にフックを刺します。 簡単なシングルアシストフックの作り方 糸をフックのチモトに持って行きます。 簡単なシングルアシストフックの作り方

PEラインでフックを固定


フックと根付け糸にPEラインを巻いていきます。 簡単なシングルアシストフックの作り方 最初に一度、玉を作っておくと良いでしょう。 簡単なシングルアシストフックの作り方 後はグルグルときつくPEラインを巻いていきます。 簡単なシングルアシストフックの作り方 最後に玉を作って留めます。 簡単なシングルアシストフックの作り方

瞬間接着剤で固定


瞬間接着剤を塗布します。 簡単なシングルアシストフックの作り方 ここで注意が必要で、瞬間接着剤はほんの少量を使います。 多すぎると、結び目より上の根付け糸まで固まってしまいます。 上の画像のように直接塗るより、付属の針を使った方が良いです。 接着剤を塗布したら、アシストフックが完成となります。

熱収縮チューブを入れる


PEラインを巻いたままの見た目が気になる場合は、熱収縮チューブを入れておきましょう。 簡単なシングルアシストフックの作り方 熱収縮チューブも釣具屋に売っています。 簡単なシングルアシストフックの作り方 チューブを入れたら、バーナーやライターで炙って収縮させます。 簡単なシングルアシストフックの作り方 炙る方法だとチューブや糸が焦げやすいので、火を近づけすぎないようにしましょう。 ストーブやドライヤーに近づけて温めても良いです。 簡単なシングルアシストフックの作り方 ただ、ドライヤーだと温度が足りず、収縮しないこともあります。













関連ページと広告











スポンサーリンク