青物釣りの外道について




|青物釣りの竿について>

<釣りのターゲット・サゴシとは|



カテゴリーのトップに戻る



青物釣りの外道


 青物釣りは、外道が豊富なのも特徴です。

外道とは狙っている魚以外の魚のことです。例えばクロダイを狙ってサバが釣れたら、そのサバは外道となります。

 外道として掛かりやすいのは、アイナメやカサゴ・ムラソイなどの根魚、シーバスやタチウオ、底物のヒラメやマゴチ、ごく稀にサクラマスなどです。どれも釣れればうれしい外道です。




根魚

ホッケ
ホッケ
ホッケとイナダ

 画像の魚はホッケです。なぜか2018年、新潟各地でたくさん釣れています。

 青物を釣りに行ったときに外道として掛かりました。

 ヒットルアーは ムーチョ・ルチア の35g、ピンクキャンディーカラーです。シルバーカラーでも釣ったことがあります。

 根魚を専門に狙うなら、岩礁地帯やテトラポッド際を、小さめのルアーで底付近をゆっくり巻いたり、巻いて沈めてを繰り返してみると良いでしょう。

 ルアーを底まで落として巻き始めるとき、一回あおってから巻くと根掛かりしにくくなります。

 フックについてですが、根掛かりしやすい場所を狙うだけに、シングルフックがおすすめです。

 フックのサイズは、私がよく使う プラッキンシングル を基準にするなら、カサゴやソイならサイズ2、口が小さいアイナメやホッケならサイズ4が適当だと思います。

 根魚はどれも淡泊な白身魚で、どんな調理法でも美味しく食べることができます。

 おすすめの食べ方は煮付けや唐揚げです。




ヒラメ

ヒラメ
ヒラメ

 ヒラメは有名な高級魚です。以前、釣ったヒラメを刺身にして食べたところ、弾力のある身と口の中に広がる磯の香りがたまらず、高級魚だというのを納得しました。

 ヒラメをメタルジグで狙うならば、ルアーで底付近を狙うと良いでしょう。広範囲を丹念に探ります。

 下の動画では、ルアーを投げて着底させ、竿をあおった瞬間に掛かりました。

ムーチョ・ルチアでヒラメ釣り

 ちなみに、使用したルアーは ムーチョ・ルチア です。

 ヒラメの引きは強めですが、イナダのように引き続けるのではなく、緩急のついた引きです。




 ヒラメは口が小さめなので、フックサイズは4か2を目安にするといいでしょう。

 私が使っているフックなどは、ダイソージグの初期設定のページで紹介しています。


40cmのヒラメの口とフックサイズ
フックサイズは上から4,2,1
ヒラメとフックサイズ
タチウオ

タチウオ

 新潟東港・ハッピーフィッシングで、ダイソージグ・ジグロック・28g・ブルーピンクを使って釣りました。

 投げて、底まで沈めている最中に食いつきました。ほとんど引きはありません。物が引っかかったような感触です。

 これも食べて美味しい魚です。




ダツ
ダツ

 地磯でダイソージグ・ジグロック・40g・シルバーで釣りました。

 中速でただ巻きの最中に掛かりました。タチウオよりも引きますが、それでも青物に比べたら引きは弱いです。

 青物釣りの外道として様々な場所で掛かってきます。

 下味をつけてから揚げにするととても美味しいですが、骨が硬く食べるのに苦労します。

 なお、骨は青緑色です。気味悪いですが食べられます。

ダツの骨
ダツの骨




|青物釣りの竿について>

<釣りのターゲット・サゴシとは|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る