釣りのターゲット・青物とは




|釣りのターゲット・イナダとは>



カテゴリーのトップに戻る



釣りのターゲット・青物


 青物とは一般に、サバ・イワシ・サンマなどといった背の青い魚を指す呼称です。

 ところが、私の周りだけかもしれませんが、釣り人の間で青物と言えば、小魚を追い回して食べる回遊魚を指すことが多いようです。

 このサイトで青物という単語が出てきたら、魚食性の回遊魚のことを指しているとお考え下さい。




 陸から釣れる青物は、地域によりますが、主にイナダサゴシです。そこにサバやカツオなども混じります。


イナダ
イナダ
サゴシ
サゴシ

 サゴシもイナダも陸からは40cm~50cmぐらいの個体が釣れますが、たまに60cmや70cmのものが釣れます。2種類とも魚食性で、ルアーをよく追います。

改造ダイソージグでイナダ・ワラサ釣り



 青物の強烈な引きに対抗するためには、それ相応の準備と道具が必要です。

 竿に求められる性能については青物釣りの竿についてのページ、リールについては青物釣りのリールについてのページ、また、糸については青物釣りの糸について青物釣りのラインシステムについてのページで説明しています。

 青物はメタルジグで狙うのが基本です。青物釣りにお勧めのルアーについては、ルアーの選択についてのページをご覧ください。

 メタルジグというのは、下の画像のような金属の塊で作られたルアーです。重く、よく飛び、よく沈みます。他のルアーよりアクションが少ないのも特徴です。

メタルジグ



 青物が釣れる場所は、堤防や磯の先端などの潮通しが良い場所です。湾内でも釣れることがありますが、堤防の先端などに比べて釣れる確率は低いですし型も小さめです。

 大物が釣れるような場所は危険なことが多いです。青物釣りの装備のページで釣り場での安全性を高めるための装備を紹介しています。ぜひご覧ください。

 また、青物の釣り場を探す方法は、青物の釣り場所のページをご覧ください。




 釣りのターゲットとしての青物の魅力は、アタリと強烈な引きでしょう。

 釣り場でメタルジグを投げて巻いていると、突然、ガツンとアタリがきます。この瞬間は何度体験しても胸が高鳴ります。


ムーチョ・ルチアでイナダ釣り


 青物はとてもパワーがあり、40cmぐらいの個体でもかなりの引きです。特にイナダは竿が折れるかと思うほどのファイトです。

 青物の釣り方については、青物の釣り方・投げ方編や、青物の釣り方・巻き方編などのページをご覧ください。

 新潟で青物を釣るならば、新潟東港第2防波堤管理釣り場(公式サイトへのリンクです)に行くことをお勧めします。

東港第二防波堤ハッピーフィッシング
大規模なサゴシのナブラ

 近くに温排水口があり、青物やクロダイなどが集まってきます。

 以前は立ち入り禁止だったのですが、釣り人が侵入したり、事故があったためか、今はNPO法人ハッピーフィッシング様によって管理されています。

 入場料が一日800円かかりますが、安全に利用でき、実績の高い釣り場です。

 水道やトイレなどの設備もあり、釣り具の販売や竿の貸し出しも行われています。ライフジャケットの着用が義務ですが、ライフジャケットも貸し出しがあります。

 ホームページに毎日の釣果情報が載っているので、釣れているときを見計らって行きましょう。釣果情報を見ているだけでワクワクします。

 青物を釣るならば、早起きしてできるだけ先端に近い場所で釣ることをお勧めします。

 ここで青物の釣り方が分かってきたら、釣具屋の情報を頼りに別のポイントを模索したり、自分だけのポイントを探すのも面白いです。





|釣りのターゲット・イナダとは>


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る