釣りの後片付け~無鏡庵~




|ダイソージグのすすめ>

<青物を釣ったら・ストリンガーと魚の〆方|



カテゴリーのトップに戻る







釣り後の後始末


 釣りを終えたとき、疲れた体に鞭打って、最後にしなければならないことがあります。

 それは、後片付けや釣り具のメンテナンスなどといった後始末です。




 後始末は面倒ですが、これを怠ると釣り具が錆びてしまったり、糸が劣化して切れやすくなったりします。

 下の画像は釣りの後に放っておいた竿です。ガイドが錆びて割れてしまいました。

割れたガイド

 接着剤でくっつけたりしたのですが、使い物になりませんでした。




 釣り具のメンテナンスをしないと、せっかくの高い釣り具がダメになってしまうこともあります。

 疲れた体にエンジンをかけ、釣りに行ったその日のうちに、洗い物などを済ませてしまいましょう。


洗い物について


 多くの釣り具には金属が使われているので、海水が付くとすぐに錆びてしまいます。金属だけでなく、糸なども海水で劣化します。

 釣りを終えたらすぐに道具を流水で洗浄しましょう。

 できれば、家に帰る前に釣り場などで、金属パーツだけでも洗ってしまうと良いでしょう。

 ただ、場所によっては洗い物が禁止されている水場もあるので、迷惑にならないようにしましょう。




 海水に入れたものはできるだけすべて洗いましょう。

 竿やリールも、海水に濡れた糸を通して海水に触れているので、洗浄しておきましょう。

 また、一見海水に触れていないと思えるものでも、海で細かい波しぶきにさらされている可能性が高いです。

 洗えるものは何でも洗ってしまいましょう。




 青物釣りの便利小物にも書きましたが、私は使用したルアーやアシストフックを リングスター DM-1400 に入れ、帰ってからこのプラスチックケースごと水洗いしています。

 竿やタモ、スパイクブーツは水洗いです。風呂場のシャワーで洗っています。

 竿やタモはつなぎ目の部分をよく流しましょう。スパイクブーツはスパイク部分を念入りに洗います。

 クーラーボックスも水洗いで良いでしょう。ただ、魚を入れた後のクーラーは生臭さが落ちないかもしれないので、台所用洗剤などを使って洗うと良いでしょう。

 クーラーボックスによっては水洗いが禁止されている物もあるようなので、ご注意を。

 私は、リールは丸ごと流水で流し洗いしています。全体を流したら、スプールの糸の部分にしっかり水をかけ、塩分を流します。

 糸にしみ込んだ海水はなかなか流れないので、リールからスプールをはずし、水に漬けておいてもいいでしょう。




 洗い終わった道具は日陰に干しておきましょう。家の中で乾燥させるならば、チラシや新聞の上に洗った物を置き、何日か放っておきます。


道具の手入れ


 洗った道具が乾いたら、最後の手入れをしていきましょう。

 竿やタモの柄には、 ボナンザスプレー のようなコーティング剤を吹き付け、クロスやティッシュなどで伸ばしておきましょう。


ボナンザスプレー

 2~3回の釣行で一回行うぐらいで良いと思います。




 リールの手入れについてですが、ラインが乾いたら コーティング剤 をラインに吹き付けておくと良いでしょう。


コーティング剤

 また、釣行頻度によっても変わりますが、1か月に一回ほどリールにオイルやグリスを注しておきましょう。

 おすすめは シマノ リールメンテナンススプレー です。


リールメンテナンススプレー

 オイルとグリスがセットになっていて、パッケージ内の説明書に、リールのどの部分にどちらのスプレーを吹き付ければ良いかが書いてあります。

 オイルやグリスはリールに塗ったままにしておくと劣化していくので、定期的にふき取り、新しく塗りなおすようにします。

 砂浜で釣りをしているとリールの隙間部分に砂が入り込みやすいです。

 オイルの注入作業と同時に、爪楊枝などで砂を掻き出します。





|ダイソージグのすすめ>

<青物を釣ったら・ストリンガーと魚の〆方|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る