青物を釣ったら・魚の〆方




|釣りの後片付け>

<青物を釣ったら・ストリンガーの使い方|



カテゴリーのトップに戻る


目次






釣った魚を〆るということ


 大物が釣れたら魚体にナイフを入れ、魚の息の根を止めるとともに血抜きをします。

活け〆

 このような、魚を処理する行為を活け〆(活け締め)と言います。

 ところで、この〆るという行為に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。




 以前、アオリイカを〆る動画にたくさんの批判コメントが付いたというニュースを見ました。

 その批判は、生き物を〆るという残酷な行為を面白半分で動画に撮るとは何事だ、という論調が多かったようです。

 生き物を〆て息の根を止めることは残酷なこと、そう考えている方が多いのだと思います。

 かく言う私も、魚を〆るということを初めて知った時、魚がかわいそうだと思いました。

 また、何故そんなことをしなければいけないのかと疑問にも思いました。

 魚を〆て血抜きすることには様々な理由があります。

 魚を釣って放置しておくと、魚が暴れて身が痛んだり、身に血がにじんで生臭くなります。

 さらに、こちらのサイト様によれば、狭いところや動きにくい状態に置かれることで強いストレスを感じ、魚肉に含まれた旨み成分(アミノ酸)が分解されてしまうということもあるそうです。

 このようなことがあるので、魚を絶命させるとともに血を抜くことで魚の鮮度を保ち味が落ちるのを防ぐ

 これが魚を〆る理由です。




 ところで、私は魚を〆ることにはもう一つ意味があると思っています。

 釣った魚を放置したり、生かしたままクーラーに入れておくということは魚にとってはかなりの苦痛だと思います。

 魚は陸上で呼吸ができませんし、自由に動くことができません。魚が感じる恐怖はかなりのものでしょう。

 その状態のまま生かしておくというのは、〆て絶命させることよりも残酷なことではないでしょうか。

 私はそう考え、魚ができるだけ苦しさを感じないよう、釣った魚はできるだけ早く〆ることにしています。

 魚を〆るという行為は残酷な行為に見えますが、魚の苦痛を最小限にする行為なのではないかと思います。





魚の〆め方


 魚を〆るのは、釣ってからしばらくして、魚が落ち着いてからの方がいいという話もあります。その方が血が抜けやすいそうです。

 ですが、私は魚をストリンガーにつないですぐに〆ます。

ストリンガー

 魚を長く苦しめたくないからです。

 ストリンガーの説明と使い方については、青物を釣ったら・ストリンガーの使い方のページをご覧ください。




 陸地で魚を〆ると魚の血で釣り場を汚してしまいますし、空気に触れた血が固まってしまい、血が抜けにくくなります。

 なので、できるだけ水中で〆るようにしましょう。

活け〆

 水面に手が届く場所なら、魚をストリンガーにつなぎ、水中に入れてナイフで〆ます。

 背の高い堤防の上で〆るときは、水を入れたバケツに魚の頭を突っ込んで〆ます。

 魚を〆るときの道具についてですが、ナイフは折り畳み式ではなく、できるだけ刃渡りが長く刃が厚い物を選びましょう。

ナイフ

 折り畳み式のナイフはおすすめしません。魚にナイフを刺した時、折りたたまれて怪我をする恐れがあります。

 また、言うまでもないことですが、ナイフは危険な刃物なので取り扱いにはご注意ください。

 ナイフを日常で持ち歩いたり車に置きっぱなしにしていると、軽犯罪法違反になる恐れがあるそうです。その点もお気を付けください。

 事故や事件防止のためにも釣りの時以外は携帯しないようにしましょう。




 私は、青物釣りの装備で紹介した通り、 シマノ シースナイフ ロング を使っています。

 頑丈で錆びにくく、刃渡りの長さも申し分ないです。

 折り畳み式ではないですが、鞘付きなので持ち運びも安全です。

 このナイフは80cmぐらいまでの魚ならばなんとか〆ることができます。それ以上の魚を〆るならば、もっと刃が厚くパワーのある刃物が必要です。




  水くみバケツ は、ロープ付きで折りたためる物がおすすめです。

 陸地で〆て釣り場を汚してしまったら、バケツで周囲を洗い流しましょう。

 魚の〆方ですが、利き手にナイフを持ち、もう片方の手でしっかりと魚体をつかみます。

 ヒレの鋭い魚が多いので、魚をつかむときはフィッシュグリップを使った方がいいでしょう。

 フィッシュグリップのおすすめは、 シマノ ライトフィッシュグリップ です。




 魚を押さえたら、まずは魚の脳にナイフを入れて脳〆をします。脳〆は魚を一瞬で絶命させるために行います。

 この行程は飛ばしてもかまいませんが、やっておくと血抜きの時に魚が暴れませんし、魚に余計な苦痛を与えずに済みます。

 ナイフを入れる場所は下の画像の黒線付近です。目とエラ蓋の中間の背中寄りです。

脳〆

 上手くいくと魚の目がひっくり返り、魚体がぐったりします。




 続いてエラ蓋の中にナイフを入れ、背骨ごと背骨の上の神経を切断します。

活け〆

 同時にエラを傷つけて出血させます。

活け〆



 最後に尾の付け根の辺りを切ります。

活け〆

 後は魚を水に入れておけば血が抜けていきます。




 なお、魚を〆て海中に入れ、10~20分したら出してクーラーに入れた方が良いそうです。

 ですが、私は魚を〆て海中に入れたら釣りが終わるまで数時間放置しています。

 それでも味が落ちたと感じたことはありませんし、刺身で美味しく食べられます。





|釣りの後片付け>

<青物を釣ったら・ストリンガーの使い方|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る